初めて交通事故に遭った方へ

交通事故の状況

警察への手続きはお済みですか?

交通事故に遭ったら、必ず警察に連絡・届出を行ってください。

加害者がどんなに誠実に対応したとしても、警察への交通事故の届け出がないと、交通事故証明書が発行されず、加入中の自動車保険の利用ができないなど、思わぬ不利益を被ることがあります。
また、交通事故現場に警察官が臨場した際、被害者が自力で動ける場合、物損事故として届出されることがあります。物損事故扱いでも人身損害の損害賠償請求は可能ですが、物損事故では実況見分調書が作成されず、交通事故の発生状況を明らかに出来ない、後遺障害申請する際に「軽微な事故」として取らえられるなど、思わぬ不利益を被ることがあります。
交通事故でケガをした場合は、人身事故として、警察に届出しましょう。

保険会社への連絡、弁護士費用特約の確認はお済みですか?

交通事故に備えて加入した自動車保険、交通事故に遭ったら、保険会社に連絡し、契約合ったサービスを受け、保険金を受け取りましょう。

・自走できない車両の移動などのロードサービス、レッカー費用や帰宅費用
・自動車の修理、代車の手配手続き、修理費用や代車費用
・加害者(保険会社)との示談代行サービス
・けがの治療費(人身傷害保険、搭乗者保険の利用)
・弁護士への相談料、依頼による弁護士費用
※弁護士費用特約について、 詳しくはこちら

入通院・治療に専念してください。

交通事故のケガの快復、適正な賠償額による解決のために、医療機関で必要な治療をきちんと受けましょう。
仕事、家事・育児で忙しい、整形外科の診療時間と予定が合わない、予約が取れないなど、それぞれ事情はあるでしょう。
けれど、途中で通院をやめてしまう、通院頻度が少ない、接骨院や整体院など医療機関以外への通院で済ませてしまうなど、医療機関での適切な治療がないと、けがの慰謝料が低額になる、後遺障害が認定されにくくなる、等級が低くなるなど、思わぬ不利益を被ることがあります。
当事務所弁護士にご相談・ご依頼頂いて、通院治療のアドバイスを得て、保険会社との交渉等は弁護士に全て任せるなどして、治療に専念して下さい。

他のお悩み別、お役立ち・便利情報を見る

交通事故の賠償金・慰謝料の
増額、示談交渉は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)