初めて交通事故に遭った方へ

ホーム » 初めて交通事故に遭われた方へ » 後遺障害の異議申立はしましたか?

後遺障害の異議申立はしましたか?

医師の診断による治療終了・症状固定ですか?

後遺障害の認定結果に不満がある場合、異議を申立て、再度、認定の審査を受けることができます。

後遺障害の結果が非該当だった、思っていたより等級が低かったなど、後遺障害の認定結果に不満がある場合、異議申立をして、再度、審査を受けましょう。
ただし、異議申立による再度の審査は、後遺障害の認定申請を行った機関と同じ機関が行います。つまり、単に異議申立をしただけでは、同じ審査が繰り返されるだけで、異議が認められる(非該当の認定が該当と認められる、等級が上がるなど)可能性は低いといえます。
異議が認められるためには、以下のような当初の後遺障害申請の際には提出されなかった証拠書類があるとよいでしょう。
・新たな診断書、医師の意見書
・症状固定後の通院歴・診療録・カルテ、MRIやレントゲン画像
・ご本人が作成した陳述書
・その他、後遺障害申請の際に提出漏れがあった資料

当事務所では、整形外科医と連携、相談体制を確立しています。また、異議申立後の示談交渉を併せてご依頼頂く方について、無料で、異議申立を承っております。後遺障害の結果に不満がある方、主治医以外の医師の意見書が欲しいなどの場合、当事務所弁護士にご相談・ご依頼下さい。

他のお悩み別、お役立ち・便利情報を見る

交通事故の賠償金・慰謝料の
増額、示談交渉は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)