よくあるご質問

ホーム » よくあるご質問 » 損害賠償請求(人身事故) » 賠償額の計算について » 入通院慰謝料とは何ですか。いくらくらい請求できますか。

入通院慰謝料とは何ですか。いくらくらい請求できますか。

入通院慰謝料とは、交通事故のケガの治療やリハビリなどのために、医療機関への入院や通院を余儀なくされたことに対する慰謝料・精神的損害をいいます。

入通院慰謝料をいくら請求できるかは、ケガの部位や程度、入院・通院の日数・期間・頻度などを考慮の上、算出されます

 

入通院慰謝料を算出するための算定基準は、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所及び弁護士基準など種類があります。
どの基準を用いるかで、慰謝料額は大きく変わる可能性があります。
特に、相手が自賠責保険基準で慰謝料を算定してきた場合には、弁護士に依頼することで大幅に慰謝料が増額する可能性もあります
というのも、自賠責保険基準では、慰謝料は1日あたり4200円(全治療期間又は実治療日数の2倍を比較し、少ない方×4200円)と定額で計算されるためです。

例えば、5月1日に交通事故に遭い、1か月入院、その後3か月、週に2回の頻度で通院し、8月31日に治療が終了したとします。
治療期間は4か月(123日)、実治療日数は、入院31日+通院24日の計55日です。

●自賠責基準による入通院慰謝料額
全治療期間123日 > 実治療日数の2倍(110日) 、
 110日×4200円 、すなわち、慰謝料額は46万2000円となります。

●弁護士基準(通称「青本」)
入院1か月、通院3か月を要した場合の慰謝料額は、73万円から136万円で算定されます。
これに加え、特に症状が重い場合は、136万円の2割増した金額(163万2000円)まで増額が考慮されます。

 

 

弁護士法人中部法律事務所(名古屋・春日井)は、交通事故の無料相談をお受けしております。愛知・岐阜・三重の交通事故に対応。

交通事故の賠償金・慰謝料の
増額、示談交渉は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)