よくあるご質問

ホーム » よくあるご質問 » 損害賠償請求(人身事故) » 請求方法について » 交通事故で被害者本人が亡くなった場合、誰が、損害賠償請求すればよいですか。

交通事故で被害者本人が亡くなった場合、誰が、損害賠償請求すればよいですか。

交通事故で、被害者本人が亡くなった場合(死亡事故の場合)、原則として、その法定相続人が損害賠償請求することになります。
また、法定相続人でなくても、近親者(父母、配偶者、子)は、慰謝料請求することができます(民法711条)。

○法定相続人
交通死亡事故では、基本的に、被害者本人に発生した損害が、相続人に相続されるもの考えられています。そのため、原則として、被害者の法定相続人が、損害賠償請求することになります。
つまり、第1順位として亡くなられた方の配偶者又は子、第2順位として直系尊属(亡くなられた方の親、祖父母)、第3順位として亡くなられた方の兄弟姉妹が、損害賠償請求することになります。

 

○近親者
他方、被害者本人に発生した損害の相続・承継ではなく、遺族など近親者に独自に発生した損害も一部認められています。
近親者固有の慰謝料です。つまり、その方を失った悲しみは、ご本人から相続・承継するものではなく、近親者に独自に生じる損害であるとして、法律上、慰謝料請求が認められているのです(民法711条)。

〔参考条文〕
○民法711条
他人の生命を侵害した者は、被害者の父母、配偶者及び子に対しては、その財産権が侵害されなかった場合においても、損害の賠償をしなければならない。

交通事故の賠償金・慰謝料の
増額、示談交渉は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)