よくあるご質問

ホーム » よくあるご質問 » 損害賠償請求(人身事故) » 請求方法について » 損害賠償請求はいつまでに行わなければなりませんか。

損害賠償請求はいつまでに行わなければなりませんか。

交通事故の損害賠償請求は、原則として、交通事故の日(加害者を知った日)から3年を経過するまでに行う必要があります。後遺障害がある場合には、症状固定日から、3年経過するまでに行う必要があります。
仮に、これらの日から3年間、損害賠償請求権を行使しないでいると、消滅時効が完成し、加害者がこれを援用した場合、損害賠償請求権は消滅してしまいます。

もっとも、多くの交通事故では、次のような時効中断事由(時効がリセットされる事情)があるため、交通事故発生から3年を過ぎても、損害賠償請求権は消滅しません。とはいえ、交通事故発生から3年近く経過している場合、損害賠償請求権が消滅時効により消滅する可能性もありますので、早急に弁護士に相談されることをお勧めします。

○交通事故でよくある時効中断事由
・加害者側の承認
加害者側が、被害者の損害賠償請求権を承認すると、時効はリセットされます。
交通事故の多くのケースでは、加害者側の保険会社が、示談成立に先立ち、被害者のケガの治療費を医療機関に支払います(一括払いと呼ばれます)。治療費は損害賠償金の一部金であり、加害者が損害賠償金を支払うことは、被害者の損害賠償請求権を承認することとされています。
また、加害者側の保険会社は、示談交渉の際、被害者に対して、示談提案・示談金額の提示を行います。このような提示、提案も、被害者の損害賠償請求権を認めた上で行うものであり、時効中断事由である「承認」にあたります。

・被害者による請求
被害者側が、加害者側に対して、損害賠償請求訴訟を提起するなど、裁判手続きをとると、時効は中断します。
なお、裁判手続きではなく、例えば、電話や手紙、メールなどで加害者側に損害賠償請求しただけでは、時効は中断しません。
このような請求は、「催告(さいこく)」と呼ばれ、6ヶ月間だけ、時効の完成を止める効果があります。けれど、催告から6ヶ月以内に裁判上の請求をしなければ、時効は中断しません。また、6ヶ月以内に再び催告しても、さらに6ヶ月延長されることもありません。

〔参考条文〕
○民法724条
不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする。

〔法律用語集〕
時効の中断
○承認
○請求
○催告

交通事故の賠償金・慰謝料の
増額、示談交渉は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)