よくあるご質問

ホーム » よくあるご質問 » 損害賠償請求(人身事故) » 責任・過失割合について » 加害者と被害者との過失割合はどのように決まりますか。

加害者と被害者との過失割合はどのように決まりますか。

交通事故の過失割合に関しては、東京地方裁判所の裁判官により、過去の交通事故事例を類型化し、様々な事故状況に応じた過失割合の認定基準が作成されています。最新版は、別冊判例タイムズ第38号「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準 全訂5版」です。

そのため、実務上、交通事故の過失割合は、具体的な事故の発生状況を上記認定基準にあてはめ、これをベースとして、交渉で決定します。交渉で決まらない場合には、最終的には裁判所が判断します。

 

交通事故の賠償金・慰謝料の
増額、示談交渉は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)