よくあるご質問

ホーム » よくあるご質問 » 損害賠償請求(人身事故) » 請求方法について » 交通事故の被害者本人が判断能力がない状態になってしまった場合、どうすればよいですか。

交通事故の被害者本人が判断能力がない状態になってしまった場合、どうすればよいですか。

交通事故によっては、被害者の意識が戻らなかったり、後遺障害によって判断能力を失われてしまい、被害者本人では損害賠償を請求できないケースがあります。
このような場合、被害者のご家族が家庭裁判所に成年後見人の選任(「後見開始の審判」)を申立て、成年後見人が損害賠償を請求することになります。

損害賠償請求や示談・和解は、法律行為であり、法律行為を行うにあたっては、本人に意思能力が必要です。
そして、この意思能力を欠いていたり、不十分である方をサポートする制度として、成年後見制度があります。
この制度は、ご本人の意思能力に応じて、成年後見人、保佐人、補助人のいずれかを選任し、それらの人に、本人に代わって法律行為を行う権限や、本人が行う法律行為への同意権、本人が行った法律行為の取消権などを認め、本人の法律行為をサポートする制度です。本人の意思能力が失われた場合、これらの内、成年後見人の選任を申し立てることになります。

〔参考条文〕
○民法7条
精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者については、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人又は検察官の請求により、後見開始の審判をすることができる。

交通事故の賠償金・慰謝料の
増額、示談交渉は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)