解決実績

ホーム » 解決事例 » 後遺障害申請・異議申立 » 名古屋市の男性の交通事故、弁護士による交渉で賠償金を約6200万円増額した事案

交通事故の解決実績

名古屋市の男性の交通事故、弁護士による交渉で賠償金を約6200万円増額した事案

解決結果
賠償額:1億9000万円(6200万円の増額、治療費を除く)

名古屋市 20代 男性 会社員

脊髄損傷について、後遺障害1級の認定を獲得し、賠償金約1億9000万円(6200万円の増額、治療費を除く)の獲得に成功しました。

交通事故の内容

ご依頼者様は、愛知県春日井市をバイクで通勤途中、加害者の運転する自動車と側面衝突事故の被害に遭いました。
ご依頼者様は、交通事故後しばらく意識不明の重体に陥りましたが、その後意識を回復されました。けれど、重傷を負われ、約2年半の入院を余儀なくされました。

傷病名
脊髄損傷

解決結果(詳細)

ご依頼者様のご家族様は、ご依頼者様の容態が安定されたのを機に、ご依頼者様及びご家族様の今後の生活について熟考され、後遺障害の適正な認定及び適正な賠償額を得たいと考え、当事務所へ交通事故の解決をご依頼になりました。

ご依頼頂いた際、相手方保険会社からご依頼者様に対し、賠償額の提案はありませんでした。

 

1)当事務所弁護士は、ご依頼者様と面談、ご家族様とも何度も打合せを行い、必要な資料の収集を行った後、後遺障害等級認定申請を行ったところ、後遺障害等級1級を獲得しました。

2)以上を前提に、当事務所において、入院中のご家族の付添看護費、入院期間中・症状固定までの休業損害、入院慰謝料、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益等、あらゆる損害項目について、相手方保険会社と示談交渉を行いました。
相手保険会社は、ご依頼者様の甚大な被害状況にも関わらず、弁護士・裁判所基準を遙かに下回る金額の提示をしてきました。
3)当事務所の考える適正な賠償額と6000万円以上もの差があったため、訴訟も辞さない姿勢で交渉を重ねたところ、いわゆる弁護士・裁判所基準をベースとした適正な示談金・損害賠償額:1億9000万円(6200万円の増額、治療費を除く)での示談成立となりました。

4)なお、本件の交通事故では、ご依頼者様にも過失があるとして過失相殺されたため、賠償額が15%減額となっています。

5)ご依頼者様は、弁護士費用特約に加入されていたため、上限額である300万円までは、弁護士費用の負担がありませんでした。

【注意事項】※個人情報等保護のため、実際の解決事例を基に、事実関係に変更を加え編集したものを掲載しています。
交通事故の賠償金・慰謝料の
増額、示談交渉は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)