アーカイブ

治療・後遺症と後遺障害

 

交通事故のケガの治療

 ケガの内容、程度、専門治療の有無、医師との相性や入通院のしやすさなどを踏まえ、病院を選択し、医師の指示、医師の判断に従い、「治癒」または「症状固定」まで、医療機関に入院・通院し、ケガの治療を行ってください。

 接骨院、整骨院、整体院、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージなどでの施術は、通院治療とみなされないことがありますので、注意が必要です。

 交通事故のケガの治療でも健康保険が使えます。

 加害者の任意保険会社が一括払いする場合は、治療費を、医療機関の窓口で、治療ごとに払わないで済みます。

 通院の交通費は、加害者側に損害賠償請求することができます。

  

交通事故の後遺症

  交通事故により生じたケガについて、上記の治療を終えても、治まらない痛みやしびれなどの症状や傷痕などが残ることがあります。

 これらのケガの治療を終えても残った症状や状態のことを、一般に、後遺症といいます。

 

交通事故の後遺障害 

 後遺症の内、後遺障害等級認定により認定を受けた後遺症を、後遺障害といいます。

 交通事故で、慰謝料や逸失利益など損害賠償の対象となるのは、基本的には後遺障害です。

 後遺障害は、その障害の部位や軽重などの程度に応じて、14の等級に分けられています。 ⇒詳細は、後遺障害等級一覧でご確認ください。

 

後遺障害等級認定を受けるには

  ケガの治療(症状固定)後に、医療機関において、後遺障害診断を受けます。

 そこで作成された後遺障害診断書、治療の経緯が記載されたカルテのほか、レントゲンやMRIなどの画像資料、検査資料などを添付資料として、後遺障害等級認定の申請をします。

 後遺障害等級認定の申請手続きは、被害者自ら申請する「被害者請求」と、加害者側の保険会社が申請する「事前認定」の2種類があります。

 これらの申請手続きを経て、提出された書類を基に、後遺障害に該当するか否か、該当するとしていずれの等級に該当するか、判断されます。

交通事故の賠償金・慰謝料の
増額、示談交渉は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)